歯医者を利用する時の流れ

問い合わせ

利用する歯医者に問い合わせをします。問い合わせでは、初めての利用であることを伝えると、向こうが勝手に話を進めてくれます。歯医者の予約状況と自分の都合が合う日を選びましょう。

問診票の記入

予約した日になると歯医者に行きますが、時間より少し早めにいくようにしましょう。問診票の記入があるので、10分ほどの余裕があるといいです。保険証も忘れずに持っていきましょう。

診察

時間になると、問診票に記入した内容を確認しながら先生か歯科助手の方がカウンセリングしてくれるでしょう。希望している治療や今後の流れを説明してくれます。

カウンセリングの質

歯医者によってカウンセリングの質が大きく変わります。もし、カウンセリングがいい加減な歯医者であれば、今後利用することをやめた方がいいでしょう。患者のことを第一に考えていない歯医者である可能性が高いからです。実際に歯医者を利用した方の口コミを見ていきましょう。

歯医者を利用した方の口コミ

思っていたより痛みが少ない

小さい頃に利用して以来久しぶりに歯医者を利用しました。虫歯の治療でしたが、無痛治療という治療方法をしてもらいました。そうすると、痛みが全然なく、医療の進化を感じました。歯医者に痛いというイメージを持っている方は、騙されたと思って試してみてください。

丁寧な診察でした

これまで利用していたブリッジが古くなってきたので、取り換えてもらおうと近所の歯医者を利用しました。とても丁寧な診察で落ち着いた雰囲気の先生も素敵でした。次も利用する時が楽しみです。

歯医者を利用する時の流れや選び方について解説

女性

歯医者の種類

一口に歯医者といっても、実は色々なタイプの歯医者があります。大学病院にある歯医者は、外科治療も行うことができます。一般的な歯医者ではできないような治療も対応しています。一般的な街中にある歯医者さんは、大学病院のように外科手術に対応してるところは少ないです。

街の歯医者さん

街の歯医者さんは大学病院のような設備などがないです。ですが、虫歯治療やその他の保険に対応しているような治療であれば十分に対応してくれます。また、歯医者の数はコンビニと同じくらいあると言われおり、近所にあるので通いやすいというメリットがあります。近所に大学病院がないという方は、一般的な歯医者を利用するといいでしょう。

歯医者の選び方

先程紹介したように、歯医者はとても数が多いです。なので、近所にいくつも歯医者があるということは珍しくないです。その中からどの歯医者を選んだらいいか分からない方がいるでしょう。自分が望んでいる治療の経験を確認するといいでしょう。歯医者のホームページに症例数などが記載されていることが多いので、見てみるといいでしょう。

経験豊富な歯医者を利用する

歯医者によって設備や医師の技術力には差があります。ホームページには歯医者の強みが書かれているので、確認するといいでしょう。また、口コミを確認することで、歯医者がどのような雰囲気なのか確認することができます。

広告募集中