男性

マーケティング調査会社は新規事業の成功をうらなう

リピーターを獲得する

インク

DMは、印刷して発送しても読まれないで捨てられるのではないかと考える人が数多くいます。そのようなときには、個人が営業で回ることができる件数と、DMを送付することができる件数を比較するといいでしょう。営業で新規の顧客開拓で家や企業を訪問するときでも、断られる件数はかなりの数になると考えることができます。また、個人で回ることができる件数は、DMを送付することができる件数よりもはるかに劣ります。また、DMは、意外とその中身を読まれているものです。以上の点を考えると、DMはとても大きな宣伝効果があると考えることができるのではないでしょうか。

DMは印刷費用を低く抑えることができることから、数多く郵送したDMの中からわずかな売上しかなかったとしても、その収益率は十分なものになるケースがほとんどです。郵送するDMの数量で考えるのではなく、利益で考えることで、DMの宣伝効果の本質が見えてくるのではないかと考えられます。

一度製品を購入してもらったお客様には、次の新製品の広告などを印刷したDMを定期的に送付することをおすすめします。一度製品を購入したということは、その企業に対していくらかの信用を持っていると考えることができます。つまり、その製品を気に入っているのです。そのようなお客様に対して、一度製品を販売した後に連絡を途絶えさせてしまうのはとても寂しいことではないでしょうか。そのお客様が、販売した企業のファンになることも考えられるのです。そのファンを逃さないためにも、定期的にDMを印刷して送付していきましょう。