インプラント治療を受けられる年齢やアレルギー反応の有無

インプラント治療を受けられる年齢やアレルギー反応の有無

歯型

インプラント治療を受けられる年齢

インプラント治療には明確な年齢制限などはありませんが、基本的に骨の成長途中にある方は治療を拒否されます。その理由としては、あごの骨にインプラントを埋め込みますが、骨が成長するに伴いインプラントが骨の中に埋まってしまいます。なので、骨の成長が止まる20歳~受けることができます。上は体の状態によって決まりますが、60代までであれば大丈夫でしょう。

医療器具

アレルギーを起こさないのか

相模原でインプラント治療を受けようと考えている方の中には、金属アレルギーを持っているもいるでしょう。インプラントはチタン製のものが多く、金属アレルギーを持っている方でも症状が出にくいと言われています。ですが、稀にアレルギー反応が出てしまうので、治療を受ける前に血液の確認などを行うようにしましょう。

院内

メンテナンスについて

口コミで話題のインプラントは定期的なメンテナンスが必要不可欠です。インプラントを長持ちさせるために必要なことなので、必ず行うようにしましょう。インプラント治療をしてから、1ヵ月、3カ月、6ヵ月、1年というようにどんどんと期間を延ばしていきます。その後は1年単位で行われるので、それほど大変ではないでしょう。基本的に掃除やインプラントの状態を確認するだけなので、それほど長い時間は必要ありません。

インプラント治療の手術方法比較

一回法

一回の手術で済む一回法は、インプラントを埋め込む場所の粘膜を切ります。そして露わになった骨に対してドリルでアプローチしていきます。そしてドリルで開けた穴にインプラントを埋め込んで終了となります。

二回法

二回法も一回法と同じような手法でインプラントを埋め込みます。ですが、インプラントを骨に埋め込んでから数カ月の治癒期間が設けられます。基本的に二回法は骨の少ない方が行う治療方法になります。骨の量が足りている方は、一回法でも大丈夫です。

広告募集中